#インプレス 書評のnote

12
長谷川晶一「詰むや、詰まざるや 森・西武VS野村・ヤクルトの2年間」

長谷川晶一「詰むや、詰まざるや 森・西武VS野村・ヤクルトの2年間」

・1992年と93年、日本のプロ野球で史上最高の日本シリーズと言われた試合があった。それは、森祇晶監督の西武、野村克也監督のヤクルトの14試合である。 ・1992年の西武は森監督がチームを率いて7年の間に、リーグ優勝6回、そのうち日本シリーズを5回制覇していた(このうち2年連続で日本一に輝いていた)王者に対し、ヤクルトはセ・リーグを死力を尽くして苦難の末に14年ぶりの優勝を掴み取る挑戦者であった。 ・1992年の日本シリーズの世間の見方は「西武有利」というシビアな見方が多

スキ
2