#インプレス 書評のnote

12
長谷川晶一「詰むや、詰まざるや 森・西武VS野村・ヤクルトの2年間」

長谷川晶一「詰むや、詰まざるや 森・西武VS野村・ヤクルトの2年間」

・1992年と93年、日本のプロ野球で史上最高の日本シリーズと言われた試合があった。それは、森祇晶監督の西武、野村克也監督のヤクルトの14試合である。 ・1992年の西武は森監督がチームを率いて7年の間に、リーグ優勝6回、そのうち日本シリーズを5回制覇していた(このうち2年連続で日本一に輝いていた)王者に対し、ヤクルトはセ・リーグを死力を尽くして苦難の末に14年ぶりの優勝を掴み取る挑戦者であった。 ・1992年の日本シリーズの世間の見方は「西武有利」というシビアな見方が多

スキ
2
矢崎良一「松坂世代、それから」

矢崎良一「松坂世代、それから」

・本書は、1980年度に生まれ、「平成の怪物」と称された松坂大輔をはじめとする「松坂世代」16人の生き様について書いた1冊。 ①村田修一(巨人二軍野手総合コーチ/1865安打) ・2018年、巨人に戦力外通告をされ、BC(ベースボール・チャレンジ)リーグの栃木ゴールデンブレーブスにプレーすることになる。金銭面だけならばもっと条件の良いチームがあったが、選んだのにはある理由があった。 ・2018年9月9日。栃木ゴールデンブレーブスのシーズン最終戦が村田氏の引退試合となる。現役

スキ
4
菅新汰「PowerPointっぽさを脱却する新しいアイデア パワポdeデザイン」

菅新汰「PowerPointっぽさを脱却する新しいアイデア パワポdeデザイン」

・本書は「PowerPointのあまり知られていない"すごさ"を伝える」をコンセプトに、Twitterとnoteを通してパワポやプレゼンについての情報発信を行う著者による簡単でおしゃれにできるパワポテクニック68ならびに280以上の事例を紹介した1冊。 ・本書の使い方 ①メイン作例 ・テーマをわかりやすく活用した作例の完成例を提案。 ②使用フォント・素材 ・作例のFはフォント、Pは素材を意味する。 ③手順 完成例の作り方を手順を追って解説 ④その他のアイデア メインのほさに

スキ
10