インプレス出版事業部
定番シリーズのデザインが大幅刷新!「超入門」のカバーができるまで
見出し画像

定番シリーズのデザインが大幅刷新!「超入門」のカバーができるまで

インプレス出版事業部

こんにちは。できる編集部の高橋です。
プライベートではMARVELとNBAにフルコミットな人生を送るわたしですが、縁あって3年ほど前にインプレスに入社させていただき、日々アプリやOSに悪戦苦闘しながら本を作っています。

昨年は、自分と同い年のできるシリーズのカバーがリニューアルし、長く続くシリーズの大きなターニングポイントに携われたことをとてもうれしく思っています。

さて、弊社では(↑)の記事で紹介している「できる」シリーズ以外にも、読者の多種多様なニーズに応えるべく、豊富なシリーズをそろえており、その一つに「できるゼロからはじめる」シリーズがあります。
(文字にすると長いので、以降は社内での通称「超入門」シリーズと書くことにします)

「できる」シリーズのリニューアルをきっかけに、この「超入門」シリーズも装いを新たにすることとなり、2月1日(水)に発売した『できるゼロからはじめるパソコン超入門 ウィンドウズ11 対応』から、カバーと中面のデザインを一新しました! 

今回はリニューアルした「超入門」シリーズのカバーについて、ご紹介しようと思います。

「できるゼロからはじめる」シリーズとは?
「できるゼロからはじめる」シリーズは、パソコンやタブレットなどを初めて使う人に向けて、解説の「やさしさ」を突き詰めたシリーズ。大きな画面と大きな文字で解説しており、「超入門」の名のとおり、基本をゆっくり丁寧に学べる構成になっています。

方向性はシンプルで余白のあるデザイン

「超入門」シリーズの一部

これまで「超入門」シリーズから出ている書籍がこちら(↑)。

このシリーズが始まった当時は、書店に並んだ際に「何を解説した書籍なのか」がはっきりわかることや、初心者向けの本であることがパッと見て伝わることに特に重きを置いていたそう(この2つは今も大事です)。

上の画像の書籍は3~4年前に発売されたものですが、そういった経緯もあり、このシリーズのカバーは書籍タイトルや「超入門」の文言が目立つデザインにしていました。
それを踏まえて、

  • 今後も続くシリーズだから、長く受け入れられるデザインにしてもらおう

  • やさしい雰囲気のデザインがよさそう

  • カバーにイラストは入れる?

などなど、社内で話し合い、「超入門」シリーズの読者層を意識した、シンプルで余白のあるデザインにすることに。
カバーデザインは、デザイン事務所OKIKATAさんにお願いしました。

出していただいたカバー案は10個以上

第一弾のカバー案

最初の1冊として手にとってもらう本なので、とっつきやすく親しみやすい印象で、新しいことを学び始めるときのワクワクや楽しさが感じられるデザインにしていただきたい!

OKIKATAさんとの打ち合わせでは、そんなことをもっともらしく話した記憶があります。ありがたいことに、ここに載せていないものも含めて、計4つのカバー案を出してくださいました。

一瞬でタイトルに目がいく「超入門」シリーズらしいデザイン。
この中から1案に絞って、ブラッシュアップし完成させていこう!

……とならないのが、カバーあるある。せっかくなら、もうちょっと違う方向性のものも見てみたい……と欲が出てしまうんです。というわけで、よりやさしく、柔らかい印象のカバーも作っていただきました。

「イラスト入る」と書かれている部分には、仮のイラストを配置してもらっていました

最初にいただいた案は、パキッとした色使いで目を引きますが、こちらはやさしくポップなデザイン。この案をいただいた直後に、急遽、関係者でビデオ会議がスタート。

「柔らかい雰囲気がシリーズのコンセプトとマッチする」ということで、満場一致でこの方向性に決定しました。

実は、OKIKATAさんには、ここに載せているもの以外にも、たくさんの案を出していただきました。
社内のやり取りだけでも、1スレッドのメールが100件以上! 過去のやり取りを見返しながら、この記事を書いているんですが、どおりでさかのぼるのが大変なはずです。

読書する猫とフクロウ
こちらはエンブレム感のあるデザイン

続いて、より読みやすい印象を出すために、カバーに動物のイラストを入れることにしました。亀山鶴子さんにお願いしたところ、こちらの素敵なイラストが。本を読んでいる猫とフクロウ、すっごくかわいいです。

印刷して本に巻いてみるとどんな感じなのかわかりやすいです

イラストを入れたカバーを用意してもらい、見比べてみたり、カバーのデータを印刷して、本に巻いてみたり……。猫とフクロウどちらがよさそうか考え、「猫のほうが身近な存在で、シリーズに親しみやすさを感じてもらえそう」という理由で、ハチワレ模様の猫のイラストに決定しました。

リニューアルしたカバーがつい完成!

中央の猫さんがアイキャッチに
新旧で並べてみました

そんなこんなで、社内の会議に数回提出し、ブラッシュアップを重ね、完成したのがこちらのカバーです。

スッキリとしたやさしい見た目に大幅刷新しました。この完成形に至るまで、OKIKATAさんにはフォントやあしらいを何度も調整いただき、本当にありがたかったです。おかげさまで、よりたくさんの方に手に取ってもらえそうなカバーになりました。

今回はカバーができるまでのお話を紹介しましたが、中面のデザインも内容も、バージョンアップしています! ぜひ、店頭でリニューアルした本書を探していただけたらうれしいです。

ちなみに……
当編集部が担当したWindows 11パソコンの使い方を解説した書籍が、本書で3冊目となりました。

「超入門」だと内容的にちょっとやさしすぎるかも。

と思った方には
『できるWindows 11 パーフェクトブック 困った!&便利ワザ大全』や『できるWindows 11』がオススメです☆

好評発売中です!

▼紹介した書籍はこちら

クリエイティブビジネス編集部より、「iPad」の解説書も出ているのでよろしければぜひチェックしてみてください。

▼カバーを担当してくださったOKIKATAさん

▼イラストを担当してくださった亀山鶴子さん


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!
インプレス出版事業部
株式会社インプレス 出版事業部の公式noteです。本を見るだけではわからない、本に込められた「なにか」を伝えていきます。合言葉は、Play!! impress(インプレスを遊ぼう!!)