インプレス出版事業部

株式会社インプレス 出版事業部の公式noteです。本を見るだけではわからない、本に込められた「なにか」を伝えていきます。合言葉は、Play!! impress(インプレスを遊ぼう!!)

インプレス出版事業部

株式会社インプレス 出版事業部の公式noteです。本を見るだけではわからない、本に込められた「なにか」を伝えていきます。合言葉は、Play!! impress(インプレスを遊ぼう!!)

    マガジン

    • どうしてこうなった?この本の○○ができるまで

      「この本の企画ってどうやってできたの?」「本のタイトルってどう決めているの?」。担当編集者が普段見せない本づくりの制作の裏側、こだわりをnoteで語ります!

    • できるもん通信

      パソコン入門書の元祖・インプレスの「できるシリーズ」では、毎月書店様向けの情報誌「できるもん通信」を発刊しています。担当編集によるヒット書籍の解説や営業部からのフェアのご提案、話題のITトレンドの紹介、パソコンやビジネスの最新キーワードを解説するコーナーなど、お役立ち情報をお届けしています。 実は書店様だけでなく、読者の方にも読んでいただきたい話題もたくさんありますので、これからnoteでも記事をご紹介していきます。ぜひご覧ください。

    • 猫だより

      「猫で癒される、ほっこり癒しの記事」をテーマに、インプレス出版事業部のメンバーと一緒に暮らす愛猫さんの日常を皆様にお届けします。

    • コダワリーノ、スキナーノ

      「コダワリーノ、スキナーノ」は、こだわりのものや好きなことなどについて自由に語る場所です。主にインプレス出版事業部のメンバーが執筆しています。

    • インプレス出版人図鑑

      インプレスでは、多様な考えや経歴をもったメンバーが書籍づくりに携わっています。本づくりを裏方として支えるメンバーたちの声を通じて、その人となりや書籍づくりのへ思い、社内の雰囲気などをお伝えします。

    最近の記事

    理系の学生に必須な「LaTeX」を初心者向けにていねいに伝えたい!――『1週間でLaTeXの基礎が学べる本』

    はじめまして! 私は明松 真司(あけまつ しんじ)と申します。 この度、インプレス出版事業部さんのnoteに、このような記事を書かせていただく機会をいただきました。大変嬉しく思っております。 なにげに困ってしまう自己紹介「明松さんは、普段は何をされている人なのですか?」と初対面の方にはだいたい質問されてしまいます。この質問をされると、ひと言でなんと答えれば良いのか…いつも少し困ってしまいます。 そんな感じですが、簡単に自己紹介をしてみると……北海道釧路市生まれ。釧路高専とい

      • 「できるもん通信」2022年8月第49号

        1ページ:売れてます! 「Microsoft  Teams」の本2ページ:売り場拝見‼ 仕掛け展開フォトギャラリー/できるもんの素朴なギモン「ESGって何?」3ページ:「できるパーフェクトブック」「できるポケットシリーズ」大リニューアル!4ページ:営業部員のひとりごと/今月の「猫だより」バックナンバーはこちらです。PDFでご覧いただけます。 できるもんTwitterもやっています。 できるもん@インプレス(@dekirumonn) https://twitter.com/d

        スキ
        4
        • 【猫だより #12】8月8日は「世界猫の日」です

          Q1:猫を好きになったきっかけ ▶幼少期から常にそばにいたため。(営業部・今井) ▶猫カフェに行って猫のかわいさに目覚めてしまいました。 現在パル(キジトラ)、パティ(黒猫)、マリー(ノルウェージャンフォレストキャットっぽい雑種)の3匹がお家(実家)におります。 みんなかわいいですが私の最推しがパルです。実家に帰ると真っ先に玄関に「ニャー」と挨拶に来てくれて一生推しです。パルの最推しはママのようですが負けません!  ある意味浮気になってしまうので、猫カフェには10年くらい訪

          スキ
          14
          • 【コダワリ #9】イラスト活動はインドア派にピッタリの趣味!

            アニメ・ゲーム好きの人なら一度くらいは「自分も可愛いキャラを描けるようになりたいな」と思ったことがあるのではないでしょうか? 私はそのタイプで、大学生の時にサブカルにハマり、いわゆる”推し”を描くようになりました。今回はそんな私をご紹介。 イラスト活動にハマったきっかけは……今からちょうど4年前、必死に打ち込んでいた受験勉強を終え大学生活を謳歌していた時の話。飲み会や旅行、ゲームに明け暮れていた時期にふと、「何か情熱的に打ち込める趣味が欲しいなぁ」といった欲望が出てきました

            スキ
            10

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • どうしてこうなった?この本の○○ができるまで

            • 20本

            「この本の企画ってどうやってできたの?」「本のタイトルってどう決めているの?」。担当編集者が普段見せない本づくりの制作の裏側、こだわりをnoteで語ります!

          • できるもん通信

            • 11本

            パソコン入門書の元祖・インプレスの「できるシリーズ」では、毎月書店様向けの情報誌「できるもん通信」を発刊しています。担当編集によるヒット書籍の解説や営業部からのフェアのご提案、話題のITトレンドの紹介、パソコンやビジネスの最新キーワードを解説するコーナーなど、お役立ち情報をお届けしています。 実は書店様だけでなく、読者の方にも読んでいただきたい話題もたくさんありますので、これからnoteでも記事をご紹介していきます。ぜひご覧ください。

          • 猫だより

            • 12本

            「猫で癒される、ほっこり癒しの記事」をテーマに、インプレス出版事業部のメンバーと一緒に暮らす愛猫さんの日常を皆様にお届けします。

          • コダワリーノ、スキナーノ

            • 9本

            「コダワリーノ、スキナーノ」は、こだわりのものや好きなことなどについて自由に語る場所です。主にインプレス出版事業部のメンバーが執筆しています。

          • インプレス出版人図鑑

            • 16本

            インプレスでは、多様な考えや経歴をもったメンバーが書籍づくりに携わっています。本づくりを裏方として支えるメンバーたちの声を通じて、その人となりや書籍づくりのへ思い、社内の雰囲気などをお伝えします。

          • 編集チームより

            • 6本

            編集チームからのお知らせや告知、企画の募集などの記事です。

          • 「まえがき」の杜

            • 8本

            本の冒頭にある「まえがき」は、著者の思いがつまった読者へのメッセージです。この【「まえがき」の杜】では、インプレスが刊行する書籍やムックの「まえがき」を紹介していきます。

          • #インプレス 書評のnote

            • 12本

            このマガジンは、#インプレス のタグをつけて書評を書いていただいている方のnoteを集めています。

          • どうしてこうなった?この本の○○ができるまで

            • 20本

            「この本の企画ってどうやってできたの?」「本のタイトルってどう決めているの?」。担当編集者が普段見せない本づくりの制作の裏側、こだわりをnoteで語ります!

          • できるもん通信

            • 11本

            パソコン入門書の元祖・インプレスの「できるシリーズ」では、毎月書店様向けの情報誌「できるもん通信」を発刊しています。担当編集によるヒット書籍の解説や営業部からのフェアのご提案、話題のITトレンドの紹介、パソコンやビジネスの最新キーワードを解説するコーナーなど、お役立ち情報をお届けしています。 実は書店様だけでなく、読者の方にも読んでいただきたい話題もたくさんありますので、これからnoteでも記事をご紹介していきます。ぜひご覧ください。

          • 猫だより

            • 12本

            「猫で癒される、ほっこり癒しの記事」をテーマに、インプレス出版事業部のメンバーと一緒に暮らす愛猫さんの日常を皆様にお届けします。

          • コダワリーノ、スキナーノ

            • 9本

            「コダワリーノ、スキナーノ」は、こだわりのものや好きなことなどについて自由に語る場所です。主にインプレス出版事業部のメンバーが執筆しています。

          • インプレス出版人図鑑

            • 16本

            インプレスでは、多様な考えや経歴をもったメンバーが書籍づくりに携わっています。本づくりを裏方として支えるメンバーたちの声を通じて、その人となりや書籍づくりのへ思い、社内の雰囲気などをお伝えします。

          • 編集チームより

            • 6本

            編集チームからのお知らせや告知、企画の募集などの記事です。

          • 「まえがき」の杜

            • 8本

            本の冒頭にある「まえがき」は、著者の思いがつまった読者へのメッセージです。この【「まえがき」の杜】では、インプレスが刊行する書籍やムックの「まえがき」を紹介していきます。

          • #インプレス 書評のnote

            • 12本

            このマガジンは、#インプレス のタグをつけて書評を書いていただいている方のnoteを集めています。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 「基礎シリーズ」のリニューアルの話

              イヌのいるデザイン事務所 「基礎シリーズ」のリニューアルについては、細山田デザイン事務所のデザイナー、米倉英弘さんに相談した。この事務所は、エディトリアル分野で幅広く活躍していて、衣食住などライフスタイル全般に関わる雑誌・書籍から、ビジネス書・実用書まで、幅広く手がけている。25人ほどのスタッフがいるらしい。じっさいに何度かオフィスにお邪魔したが、居心地はとてもよかった。 居心地? そう、1階がカフェになっていて、街に向かって開いている感じで、実際に散歩途中の人がお茶を飲

              スキ
              6
              • 書籍編集者・小野孝行 一度退職し再入社。やっぱりインプレスで仕事をしたいと思った理由は【インプレス出版人図鑑】

                ―――小野さんはどうしてインプレスに入社されたんですか? インプレスに入る前は、製品のマニュアルを作る会社にいました。マニュアルは書籍のような体裁ではありますが、法律的に必ずつけなくてはならない「部品」という扱いです。すべての機能を等しく解説しなくてはならない。それなのに頑張って作ってもそんなに読まれない切なさがありまして、もっと読者の心を動かせるものを作りたい気持ちがわいてきて、ご縁があってインプレスへ転職しました。『できるシリーズ』は自分もよく知っていたので、自分も作っ

                スキ
                16
                • 【猫だより #11】暑い夏の過ごし方

                  涼しいお家は快適だにゃんフローリングで放熱中涼しくなったら移動しますきーくんの夏姿風通しのよい場所でごろーんひんやりマットも登場床ででろーん本日の「猫だより」は以上です🐈 記事を見て癒された方は、ぜひ「スキ」のハートボタンを。 次回もお楽しみに。 ▼前回の「猫だより」はこちらから

                  スキ
                  21
                  • 【コダワリ #8】保護犬を飼って1年がたちました

                    以前、実家で黒いラブラドールを飼っていた。この犬は家族の愛情を一身に受けて12歳でこの世を去った。この犬がまだずっと若かった頃、当時の職場で犬仲間だったなっちゃんとのある日の会話が、それから二十数年後の現在、保護犬のフジコを迎えるきっかけとなった。 二十数年前のある日の会話私「友達が保健所で子犬をもらってきて飼っていたんだ。その保健所での話を聞いた時、たくさんの犬の中からたった1匹を選ぶなんて、私にはとても無理だなって思った」 なっちゃん「たしかにね。でもさ、その友達が保健

                    スキ
                    13
                    • 「できるもん通信」2022年7月第48号

                      1ページ:『新しい英語力の教室』7/20発売!2ページ:売り場拝見‼ 仕掛け展開フォトギャラリー拡大版3ページ:売り場拝見‼ 仕掛け展開フォトギャラリー拡大版4ページ:営業部員のひとりごと/西日本支社よもやま話【最終回】 バックナンバーはこちらです。PDFでご覧いただけます。 できるもんTwitterもやっています。 できるもん@インプレス(@dekirumonn) https://twitter.com/dekirumonn

                      スキ
                      4
                      • 書籍タイトルには「当たり」がある――『DXビジネスモデル 80事例に学ぶ利益を生み出す攻めの戦略』

                        「DXビジネスモデル」――ど真ん中ですね。企画を立てるときに重要なのは「どれだけわかりやすいか」です。 書名を見た瞬間に何の本かわかる。 ページを開いた瞬間に惹きつけられる。 前者はとくに大切です。うまいタイトルをつける。社内会議で企画を通すにも、書店で手に取ってもらうためにも、ここがいちばん重要です。 世の中にはごまんと本があります。そんななかで、あらゆる言葉の組み合わせを考えて、これまでそのテーマで誰もつけなかったタイトルを引き当てる。それがヒットにつながる要素の一

                        スキ
                        7
                        • 書籍編集者・柳沼俊宏 新しいことが好きで「とにかくやってみる」が信条。機動力のある編集長【インプレス出版人図鑑】

                          ―――柳沼さんはどんなきっかけで編集者になられたんですか? 中学生のころからパソコンが好きで、パソコン専門誌をよく読んでいました。学生時代にアルバイトを探していたとき、たまたま先生に紹介してもらったのがインプレスで、すぐに飛びつきました(笑)。アルバイトからそのまま社員として編集者になりましたが、子どものころから好きだったものに関わる仕事に就けてラッキーだなと思っています。入社当時は同僚もみんなパソコンが大好きな人ばかりで、最新のテクノロジーや秋葉原の話で盛り上がるのは本当

                          スキ
                          13
                          • 【猫だより #10】猫たちのルーティン

                            何時に帰ってくるのかしら?ご飯にしてにゃセキュリティ対策は万全よ街の美化もしっかりチェック風を感じたい!ご飯の時間ですよ入らずにはいられません本日の「猫だより」は以上です🐈 記事を見て癒された方は、ぜひ「スキ」のハートボタンを。 次回もお楽しみに。 ▼前回の「猫だより」はこちらから

                            スキ
                            28
                            • 【コダワリ #7】海を堪能するなら天津小湊へ!

                              皆様の「縁の下の力持ち」……になれていたらいいなと思っている生産管理の上竹です。印税の計算や原価の管理・集計のためいつもモニターの数字ばかり見ていますが、そんな私は海を眺めるのが好きです。そんな私の幼少期からの夏の海の楽しみ方を伝授していきたいと思います。 天津小湊は綺麗な魚の宝庫!釣って!捕って!水槽へお持ち帰り!都内から小湊まで車で約2時間ちょっとの港町。「ゆる鉄」鉄道写真家中井精也さんも訪れる小湊鉄道が有名ですね。ここは漁港となっていて、車を近くにおけるので道具を車の

                              スキ
                              10
                              • 【猫だより #9】梅雨に入り新メンバー加入!

                                このサンマ離しません!!お魚でなくエビに夢中にゃんこにも安眠グッズあります謎のコロコロ物体をじっと見つめる「マジックウニぼうず」ってご存じですか?   壁にくっつきコロコロと転がるおもちゃ。首をかしげて「これは何?」、とじっと見つめるアリイちゃん。 動画:イカロス出版・岩織 番外編:猫好き飼い主を癒す猫グッズ猫だよりに新メンバー加入です今回の猫だよりから、新しくパルくんが加入しました。 パルくんから自己紹介を! ぼくの名前はパル。猫ではなく人間です。 キジトラで目がグリー

                                スキ
                                31
                                • 「できるもん通信」2022年6月第47号

                                  1ページ:『Premiere Proよくばり活用事典』が登場‼2ページ:ミニフェアどうでしょう/できるもんの素朴なギモン「Googleアナリティクス4」って何が変わるの?3ページ:アクリルラックで売り上げアップだもん!4ページ:営業部員のひとりごと/西日本支社よもやま話バックナンバーはこちらです。PDFでご覧いただけます。 できるもんTwitterもやっています。 できるもん@インプレス(@dekirumonn) https://twitter.com/dekirumonn

                                  スキ
                                  7
                                  • 『テレビ会議で顔を出せ! リモートワークの新常識45』が説く「新常識」とは? ポイントは「妥協を無くすこと」&「セルフマネジメント」

                                    リモートワークに関する相談時に出くわす「暗黒テレビ会議」 コロナ禍をきっかけに、多くの企業がリモートワークを検討することになり、実際に取り組んだところも少なくありません。結果として、うまく導入できた企業もあれば、そうでないところもあったでしょう。   ただこの先、たとえコロナが収束したとしても、以前のように戻るわけはなく、多くの企業や働く人にとって、リモートワークは働き方の一つの選択肢として残り続けるのは避けられないように思います。   私は職業柄、リモートワークに取り組む

                                    スキ
                                    7