インプレス出版事業部

株式会社インプレス 出版事業部の公式noteです。本を見るだけではわからない、本に込められた「なにか」を伝えていきます。合言葉は、Play!! impress(インプレスを遊ぼう!!)

どうしてこうなった?この本の○○ができるまで

「この本の企画ってどうやってできたの?」「本のタイトルってどう決めているの?」。担当編集者が普段見せない本づくりの制作の裏側、こだわりをnoteで語ります!

すべて見る

書籍タイトルには「当たり」がある――『DXビジネスモデル 80事例に学ぶ利益を生み出す攻めの戦略』

「DXビジネスモデル」――ど真ん中ですね。企画を立てるときに重要なのは「どれだけわかりやすいか」です。 書名を見た瞬間に何の本かわかる。 ページを開いた瞬間に惹きつけられる。 前者はとくに大切です。うまいタイトルをつける。社内会議で企画を通すにも、書店で手に取ってもらうためにも、ここがいちばん重要です。 世の中にはごまんと本があります。そんななかで、あらゆる言葉の組み合わせを考えて、これまでそのテーマで誰もつけなかったタイトルを引き当てる。それがヒットにつながる要素の一

スキ
4

『テレビ会議で顔を出せ! リモートワークの新常識45』が説く「新常識」とは? ポイントは「妥協を無くすこと」&「セルフマネジメント」

リモートワークに関する相談時に出くわす「暗黒テレビ会議」 コロナ禍をきっかけに、多くの企業がリモートワークを検討することになり、実際に取り組んだところも少なくありません。結果として、うまく導入できた企業もあれば、そうでないところもあったでしょう。   ただこの先、たとえコロナが収束したとしても、以前のように戻るわけはなく、多くの企業や働く人にとって、リモートワークは働き方の一つの選択肢として残り続けるのは避けられないように思います。   私は職業柄、リモートワークに取り組む

スキ
5

「17のゴールを解説しないSDGsの書籍」がなぜ売れ、続編まで出ることになったのか

はじめまして。クリエイティブビジネス編集部の今村です。 近年、SDGsをテーマにした書籍がたくさん刊行されていますね。私自身も、この2年の間に、SDGs関連の書籍を2冊手掛けることになりました。 SDGsといえば、17個のカラフルなアイコンを思い浮かべる人も多いでしょう。「1 貧困をなくそう」「2 飢餓をゼロに」「3 すべての人に健康と福祉を」といったように、それぞれにイラストを添えて、17のゴールを一覧できるようにしたものです。 2020年9月に発売された『SDGs思考

スキ
10

YouTubeを見て夜な夜な寝落ち! 「できるシリーズ」リニューアルの目玉「イントロダクション」ができるまで

初めまして、できる編集部の荻上です。無口で頑固で一本気、声をかけても見向きもしないシーズー犬(5歳)を足元に、テレワークの日々を送っています。 先日、おかげさまで30周年を迎えた弊社ですが、創設当時からの超ロングセラーとなったタイトルがあります。パソコン入門書の草分けとして知られ、今も最新OSやアプリに対応する「できるシリーズ」です。累計7500万部を突破、縦に並べると日本からブラジルまで道ができる(!)という、なんとも壮大なシリーズです。 この歴史あるシリーズを、先日大

スキ
11

インプレス出版人図鑑

インプレスでは、多様な考えや経歴をもったメンバーが書籍づくりに携わっています。本づくりを裏方として支えるメンバーたちの声を通じて、その人となりや書籍づくりのへ思い、社内の雰囲気などをお伝えします。

すべて見る

書籍編集者・柳沼俊宏 新しいことが好きで「とにかくやってみる」が信条。機動力のある編集長【インプレス出版人図鑑】

―――柳沼さんはどんなきっかけで編集者になられたんですか? 中学生のころからパソコンが好きで、パソコン専門誌をよく読んでいました。学生時代にアルバイトを探していたとき、たまたま先生に紹介してもらったのがインプレスで、すぐに飛びつきました(笑)。アルバイトからそのまま社員として編集者になりましたが、子どものころから好きだったものに関わる仕事に就けてラッキーだなと思っています。入社当時は同僚もみんなパソコンが大好きな人ばかりで、最新のテクノロジーや秋葉原の話で盛り上がるのは本当

スキ
9

書籍編集者・玉巻秀雄 穏やかな口調の裏に熱い思いを秘めた資格書の編集長【インプレス出版人図鑑】

インプレスの資格書とともに成長―――玉巻編集長はインプレスに入社されて26年と伺いました。入社当時からインプレスはどう変わりましたか。 私がインプレスに入社したときは私以外の社員がパソコンオタクばかりで、最初は場違いな世界に入ってしまったのではないかと思ったものです。でもオタクって、自分の好きなことをとことん追求していく良さがありまして。そんな編集者の作る書籍が評価されて、会社が成長してきました。成長とともに会社の仕組みが整備され、社員の意識も変わりましたし、今ではいろいろ

スキ
8

書籍編集者・関口雄也 「自分の興味」を企画に生かしてターゲット層にアプローチ 【インプレス出版人図鑑】

ものづくりがしたくて編集の道へ―――関口さんは中途採用でインプレスに入られていますね。 新卒で印刷会社の出版部門に入り、その後編集プロダクションに転職しました。インプレスは3社目です。 もともと、ものづくりが好きで大学4年の時に本が作りたいと思って、まずは印刷会社で経験を積んだのち、編集プロダクションに転職しました。自分が好きなガジェット等のデジタル系ムックや雑誌づくりに携わり楽しく仕事をしていたのですが、結婚を機にじっくり腰を据えてデジタル系の仕事にっ取り組みたと思い、イ

スキ
8

書籍編集者・佐川莉央 誰にも負けない探求心で読者目線の本づくり【インプレス出版人図鑑】

さくらももこのエッセイを読んで編集者を目指す―――インプレスに入ろうと思ったきっかけを教えてください。 編集者になりたいなと思っていたのは中学生くらいからです。さくらももこさんのエッセイが好きで小学生のときからよく読んでいたのですが、その中に出版社や編集者とのやりとりが出てきて、当時は派手なこともできた時代だったようでとても面白かったんです。そこで中学生のときに出版や編集の勉強ができそうな大学に狙いを定め、高校、大学と進学しました。学生時代もジャーナリズムや編集の授業をとっ

スキ
15

猫だより

「猫で癒される、ほっこり癒しの記事」をテーマに、インプレス出版事業部のメンバーと一緒に暮らす愛猫さんの日常を皆様にお届けします。

すべて見る

【猫だより #10】猫たちのルーティン

何時に帰ってくるのかしら?ご飯にしてにゃセキュリティ対策は万全よ街の美化もしっかりチェック風を感じたい!ご飯の時間ですよ入らずにはいられません本日の「猫だより」は以上です🐈 記事を見て癒された方は、ぜひ「スキ」のハートボタンを。 次回もお楽しみに。 ▼前回の「猫だより」はこちらから

スキ
16

【猫だより #9】梅雨に入り新メンバー加入!

このサンマ離しません!!お魚でなくエビに夢中にゃんこにも安眠グッズあります謎のコロコロ物体をじっと見つめる「マジックウニぼうず」ってご存じですか?   壁にくっつきコロコロと転がるおもちゃ。首をかしげて「これは何?」、とじっと見つめるアリイちゃん。 動画:イカロス出版・岩織 番外編:猫好き飼い主を癒す猫グッズ猫だよりに新メンバー加入です今回の猫だよりから、新しくパルくんが加入しました。 パルくんから自己紹介を! ぼくの名前はパル。猫ではなく人間です。 キジトラで目がグリー

スキ
19

【猫だより #8】風薫る5月の猫たち

部屋と扇風機と私青空はいつまでも見ていられるねバスケットでくつろぎタイムドアップはるちゃん帽子がお似合いですひじきは誕生日でした最後はちまきちゃんの動画をお楽しみくださいゴールデンウィークも短い手足でノビ〜をするちまき。 ほんとにこの子はノビ〜をよくします。 動画:編集部・藤原 本日の「猫だより」は以上です🐈 記事を見て癒された方は、ぜひ「スキ」のハートボタンを。 次回もお楽しみに。 ▼前回の「猫だより」はこちらから

スキ
28

【猫だより #7】ああ、懐かしい子猫時代

春にうちにきた”はる”タオルハンガーに乗ることが大好き!今は…くっついて離れませんでした!幼い頃ならではの”丸顔”元気にばんにゃい―――――――――――――――――――――――――――――― 第一回の猫だよりの姿と比べると、 みんな子供のころしか見えない姿がありますね~。 本日の「猫だより」は以上です🐈 記事を見て癒された方は、ぜひ「スキ」のハートボタンを。 次回もお楽しみに。 ▼前回の「猫だより」はこちらから

スキ
34

コダワリーノ、スキナーノ

「コダワリーノ、スキナーノ」は、こだわりのものや好きなことなどについて自由に語る場所です。主にインプレス出版事業部のメンバーが執筆しています。

すべて見る

【コダワリ #7】海を堪能するなら天津小湊へ!

皆様の「縁の下の力持ち」……になれていたらいいなと思っている生産管理の上竹です。印税の計算や原価の管理・集計のためいつもモニターの数字ばかり見ていますが、そんな私は海を眺めるのが好きです。そんな私の幼少期からの夏の海の楽しみ方を伝授していきたいと思います。 天津小湊は綺麗な魚の宝庫!釣って!捕って!水槽へお持ち帰り!都内から小湊まで車で約2時間ちょっとの港町。「ゆる鉄」鉄道写真家中井精也さんも訪れる小湊鉄道が有名ですね。ここは漁港となっていて、車を近くにおけるので道具を車の

スキ
9

【コダワリ #6】私の最強在宅ワーク環境を紹介します

インプレスに新卒で入社後、営業部に配属され、今年度から出版事業部に配属になった筆者は、非常に多趣味でいわゆるミーハーで、普段はフェスに行ったり、映画を観たり(昨年は156本ほど観賞)していますが、特に好きなことが2つあります。 ひとつはスマートフォンを始めとしたガジェット類を集めること。スマートフォンは四半期毎に購入しており、アーリーアダプターとしての喜びを日々感じています。ふたつめに、パソコンです。パソコンは大学時代に興味を持ち始めて以来、バイト代のほぼ全額をパソコン環境

スキ
19

【コダワリ #5】”ベイファン”おすすめの野球観戦の楽しみ方

普段は編集者として働くわたしの息抜きの1つが「野球観戦」。特に横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイスターズ)が大好きで、休日は横浜スタジアム(以下、ハマスタ)に観戦に行きます。 応援している球団の本拠地だと、座る席もどんなイベントがあるかも分かるけど、普段あまり行かない球場だと、「何時に行こう?」「何を食べよう?」って迷うこともありますよね。今回は、ベイスターズのファン(ベイファン)のわたしが、ハマスタで行われるデーゲームの過ごし方を紹介します。 12:30関内駅到着ベイ

スキ
8

【コダワリ #4】お気に入りの本はカスタマイズしてずっと楽しみたい

好きな本は何度も繰り返し読みたい 編集の仕事をしていると人に話すと、「積読(つんどく)はほどほどに」「図書館みたいな家に住んでそう」などと、蔵書量について言及されることがあります。確かに本は好きだし、仕事柄本に触れる機会も多いですが、私の本棚はすっきりしたもの。ビジネス書や解説書が20冊ほどと、好きな小説が10冊くらい。その理由は2つあって、1つは電子書籍を購入することが増えたということ、もう1つは本棚には何度も繰り返し読みたいものだけを置いているからです。好きな本は何度も

スキ
7

できるもん通信

パソコン入門書の元祖・インプレスの「できるシリーズ」では、毎月書店様向けの情報誌「できるもん通信」を発刊しています。担当編集によるヒット書籍の解説や営業部からのフェアのご提案、話題のITトレンドの紹介、パソコンやビジネスの最新キーワードを解説するコーナーなど、お役立ち情報をお届けしています。 実は書店様だけでなく、読者の方にも読んでいただきたい話題もたくさんありますので、これからnoteでも記事をご紹介していきます。ぜひご覧ください。

すべて見る

「できるもん通信」2022年6月第47号

1ページ:『Premiere Proよくばり活用事典』が登場‼2ページ:ミニフェアどうでしょう/できるもんの素朴なギモン「Googleアナリティクス4」って何が変わるの?3ページ:アクリルラックで売り上げアップだもん!4ページ:営業部員のひとりごと/西日本支社よもやま話バックナンバーはこちらです。PDFでご覧いただけます。 できるもんTwitterもやっています。 できるもん@インプレス(@dekirumonn) https://twitter.com/dekirumonn

スキ
6

「できるもん通信」2022年5月第46号

1ページ:知っておきたい! 注目のiPhone SE 第3世代2ページ:棚づくりのお悩みにお答えします!/#私の一番為になったPC知識3ページ:「ゼロからはじめる超入門」大リニューアル!4ページ:営業部員のひとりごと/西日本支社よもやま話バックナンバーはこちらです。PDFでご覧いただけます。 できるもんTwitterもやっています。 できるもん@インプレス(@dekirumonn) https://twitter.com/dekirumonn

スキ
8

「できるもん通信」2022年4月第45号

1ページ:春到来! 新社会人応援! スキルアップ書籍2ページ:棚づくりのお悩みにお答えします!/できるもんの素朴なギモン「Web3って何?」3ページ:ここが変わった! 「できるシリーズ」大リニューアル!4ページ:営業部員のひとりごと/西日本支社よもやま話バックナンバーはこちらです。PDFでご覧いただけます。 できるもんTwitterもやっています。 できるもん@インプレス(@dekirumonn) https://twitter.com/dekirumonn

スキ
5

「できるもん通信」2022年3月第44号

1ページ:今年も開幕! 「2022年春フェア」展開のコツ、ご紹介します!2ページ:『できるfit』シリーズ新刊2冊をご紹介!/できるもんの素朴なギモン「最近よく聞くメタバースって何?」3ページ:『できるポケット 時短の王道 ショートカットキー全事典 改訂3版』4ページ:営業部員のひとりごと/西日本支社よもやま話バックナンバーはこちらです。PDFでご覧いただけます。 できるもんTwitterもやっています。 できるもん@インプレス(@dekirumonn) https://t

スキ
7