インプレス出版事業部

株式会社インプレス 出版事業部の公式noteです。本を見るだけではわからない、本に込め…

インプレス出版事業部

株式会社インプレス 出版事業部の公式noteです。本を見るだけではわからない、本に込められた「なにか」を伝えていきます。合言葉は、Play!! impress(インプレスを遊ぼう!!)

マガジン

  • 働き方十人十色~わたしたちの「新しい働き方」

    コロナ禍を機にインプレスでは「新しい働き方」が導入されました。スタッフそれぞれが見つけた「自分にとってベターな働き方」は実に多彩。そんなわたしたちの働き方をご紹介します。

  • 編集チームより

    編集チームからのお知らせや告知、企画の募集などの記事です。

  • セール・キャンペーン情報

    インプレスの出版物に関するお得な情報をお届けします。

  • できるもん通信

    パソコン入門書の元祖・インプレスの「できるシリーズ」では、毎月書店様向けの情報誌「できるもん通信」を発刊しています。担当編集によるヒット書籍の解説や営業部からのフェアのご提案、話題のITトレンドの紹介、パソコンやビジネスの最新キーワードを解説するコーナーなど、お役立ち情報をお届けしています。 実は書店様だけでなく、読者の方にも読んでいただきたい話題もたくさんありますので、これからnoteでも記事をご紹介していきます。ぜひご覧ください。

  • 編集者の書棚から #本好きの人と繋がりたい

    出版社は本好きの集まり。この「編集者の書棚から」では、毎回3人の社員が、いち読者として最近手に取った書籍を紹介していきます。「書棚を見ればその人がわかる」とよく言われるとおり、インプレス社員の人となりが垣間見えるかも(?)なマガジンです。

記事一覧

【コダワリ #16】絶滅危惧種? いろいろすごい「檜単板ラケット」の話

「檜単板ラケット」は「卓球」というテーマの中でかなりマニアックなサブテーマです。 どのくらいマニアックかというと、「プロ野球助っ人外国人選手列伝」における「サン…

【猫だより #16】香箱座り

#1 アリイちゃんの香箱座り#2 ひじきくんの香箱座り#3 きじたくんの香箱座り#4 エトくん&レイちゃんの香箱座り#5 チャコちゃんの香箱座り#6 パルくんの香箱座り#7 …

三省堂書店神保町本店のいま(2022年12月バージョン)

2022年5月9日、惜しまれつつも閉店した神保町のランドマーク、三省堂書店神保町本店。少し離れた小川町方面に仮店舗もオープンしたが、三省堂書店神保町本店が、いまどうな…

「看板」タイトルの重圧は達成感の裏返し? 歴史ある『できるWindows』をつなぐ舞台裏

Windowsの歴史=できるシリーズの歴史?『できるWindows』の歴史は1995年刊行の『できるWindows 3.1』から始まります。 当時のWindows 3.1はMS-DOSと呼ばれるOSの上で動く…

「できるもん通信」2022年12月第53号

1ページ:作り手と売り手がざっくばらんに語ります! 「編集×営業」本音トーク2ページ:「企画のこだわり」プレゼン大会/できるもんの素朴なギモン「Wi-Fiの「5ギガ」っ…

【コダワリ #15】毎週末の楽しみ、柏レイソルの試合観戦とサッカー遠征

インプレスに新卒で入社し丸10年、普段は年賀状素材集やカレンダー・書籍の編集を担当している筆者は、千葉県にあるJ1リーグ所属の柏レイソルのサポーターです。 きっかけ…

【コダワリ #16】絶滅危惧種? いろいろすごい「檜単板ラケット」の話

【コダワリ #16】絶滅危惧種? いろいろすごい「檜単板ラケット」の話

「檜単板ラケット」は「卓球」というテーマの中でかなりマニアックなサブテーマです。
どのくらいマニアックかというと、「プロ野球助っ人外国人選手列伝」における「サンチェ」くらい。

本稿を読もうとされている方の中には、近年急速に人気を高めている卓球に強い関心をお持ちの方がいらっしゃるかもしれないのですが、ここから先を読んでも極小領域の知識が不自然に肥大するだけ、ということを先にお断りしておきます。

もっとみる
【猫だより #16】香箱座り

【猫だより #16】香箱座り

#1 アリイちゃんの香箱座り#2 ひじきくんの香箱座り#3 きじたくんの香箱座り#4 エトくん&レイちゃんの香箱座り#5 チャコちゃんの香箱座り#6 パルくんの香箱座り#7 マリーちゃんの香箱座り#8 はるちゃんの香箱座り#9 きーくんの香箱座り本日の「猫だより」は以上です🐱
記事を見て癒された方は、ぜひ「スキ」のハートボタンを。
次回もお楽しみに。

▼前回の「猫だより」はこちらから

▼20

もっとみる
三省堂書店神保町本店のいま(2022年12月バージョン)

三省堂書店神保町本店のいま(2022年12月バージョン)

2022年5月9日、惜しまれつつも閉店した神保町のランドマーク、三省堂書店神保町本店。少し離れた小川町方面に仮店舗もオープンしたが、三省堂書店神保町本店が、いまどうなっているのかを写真でお伝えする。

と写真は撮ってきたものの、中がどうなっているのかは、全然わからない。。そこで、インプレスのビルから撮影してみることに。インプレスのビルは、三省堂書店神保町本店とは、すずらん通りを挟んで逆サイドに位置

もっとみる
「看板」タイトルの重圧は達成感の裏返し? 歴史ある『できるWindows』をつなぐ舞台裏

「看板」タイトルの重圧は達成感の裏返し? 歴史ある『できるWindows』をつなぐ舞台裏

Windowsの歴史=できるシリーズの歴史?『できるWindows』の歴史は1995年刊行の『できるWindows 3.1』から始まります。
当時のWindows 3.1はMS-DOSと呼ばれるOSの上で動くアプリケーションだったのです。
MS-DOSは文字ベースでパソコンを操作するのが特徴で、当時はCUI(Character User Interface)と呼ばれていました。
よく映画などで、ハ

もっとみる
「できるもん通信」2022年12月第53号

「できるもん通信」2022年12月第53号

1ページ:作り手と売り手がざっくばらんに語ります! 「編集×営業」本音トーク2ページ:「企画のこだわり」プレゼン大会/できるもんの素朴なギモン「Wi-Fiの「5ギガ」って、「5G」のこと?」3ページ:できるシリーズ 2022年 年間売上ランキング発表!4ページ:営業部員のひとりごと/今月の「猫だより」バックナンバーはこちらです。PDFでご覧いただけます。

できるもんTwitterもやっています。

もっとみる
【コダワリ #15】毎週末の楽しみ、柏レイソルの試合観戦とサッカー遠征

【コダワリ #15】毎週末の楽しみ、柏レイソルの試合観戦とサッカー遠征

インプレスに新卒で入社し丸10年、普段は年賀状素材集やカレンダー・書籍の編集を担当している筆者は、千葉県にあるJ1リーグ所属の柏レイソルのサポーターです。

きっかけは玉田選手中学生だった頃、ドイツW杯であのブラジル相手に先制ゴールを決めた玉田圭司選手が柏レイソルに所属していた当時、玉田選手に興味を持ったことがきっかけでサッカー観戦を始めました。サポーター暦は今年で18年のようです。数年前、自身が

もっとみる